静岡の人・乗りもの・遊び WEB連動型マガジン

静岡の人・乗りもの・遊びWEB連動型マガジン Vehicle ヴィークル

乗りものを楽しむ「人」マガジン

デ・トマソ・パンテーラ LGT5仕様(1972年式)

いつまでも色あせる事の無い
夢を与え続ける憧れのスーパーカー。

「パンテーラ」とはイタリア語で「豹」を意味し、レーシングカーフォード・GT40の構造的特徴をイメージした、イタリア製ボディにフォード製の351CDIユニットの排気量5.8リッター水冷V型8気筒OHVエンジンを搭載した、デ・トマソとフォードによる伊米合作のスーパーカー。
 パンテーラLのLはイタリア語で「豪華、贅沢」を意味するLussoから付けられた。
パンテーラをずっと探していた現オーナーが1995年にアメリカから日本に輸入された車体を横浜のディーラーで手に入れたもの。それ以来21年間大切に乗ってきた。
 手に入れた当初は「パンテーラL」だったものをすぐに「GT5」仕様に変更。以後このスタイルを維持したまま現在に至っている。
 この車のオーナーに「パンテーラの魅力」について伺うと、
①まず何よりも「コンピューターなどの電子機器による制御」が一切無く構造がシンプルなため、自分で好みのチューンが自在にできること
②きちんと手を入れてあげればいつまでもそれに応えてくれる懐の深さを持つ車であることだそうだ。
 ただ、やはり末永く最高の状態でこの車を維持していくためには、「信頼できる車屋さんとの連携」が必要不可欠だという。
 このパンテーラも信頼できる車屋さんがきちんと勉強し、サポートしてくれているおかげで最高の状態を保っている。
 試乗中この車を見た子供たちが嬉しそうに手を振ってきた。その時デ・トマソ・パンテーラはいつまでも色褪せることの無い「皆が憧れる夢のスーパーカー」なのだと実感した。
これからも大切にし、後世に残していきたい一台である。
デ・トマソ・パンテーラL 
【エンジン】フォード製351CDIユニット【排気量】5.8L 水冷V型8気筒OHVエンジン【レイアウト】ミッドシップ【最高出力】330馬力/5000rpm【最大トルク】45kg/m【最高速度】280km/h【年式】1972年式
●シートのすぐ後ろに配置されたミッドシップレイアウトのエンジンとの境界はガラス1枚だ。●フォード製5.8リッターV型8気筒OHVエンジンがシンプルなエンジンルームに配置されている。美しい佇まいだ。
名車「カウンタック」の後継車種。ディアブロの意味は「悪魔」。伝説の闘牛の名前から取られた。 
【エンジン】V12気筒DOHC48バルブ【排気量】5,709cc【レイアウト】ミッドシップ【最高出力】492ps/7,000rpm【最大トルク】59.1kgm/5,200rpm【最高速度】最高速度:320km/h【年式】1990年式
GO TOP